ビグアウトの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【GOLF】遼「大会初連覇燃える!」 4位タイで決勝ラウンドへ

<<   作成日時 : 2010/10/01 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101001-00000415-ism-golf

 国内男子ツアーのコカ・コーラ東海クラシックは1日、愛知県の三好カントリー倶楽部 西コースを舞台に第2ラウンドの競技を行い、ディフェンディング・チャンピオンの石川遼が4バーディ、ノーボギーの4アンダー68をマーク。通算4アンダーまでスコアを伸ばし、初日の15位タイから4位タイへ順位を上げた。首位タイには通算6アンダーで朴星俊(韓)とK・アフィバーンラト(タイ)の外国勢2人が立っている。

 この日の石川は1番で幸先良くバーディ発進。さらに3番で3メートルのバーディパットを沈めると、5番パー3ではティーショットをピン手前2メートルにつけるチャンスで3つ目のバーディを奪う。そのあと後半17番までスコアカード通りのプレーが続いたが、最終18番ではラフからの2打目をピンそば1メートルに寄せるスーパーショットで楽々バーディフィニッシュ。スコアを4つ伸ばすとともに、今年8月のVanaH杯KBCオーガスタ2日目以来となるノーボギーのラウンドとなった。

 今年で41回目を迎えながら過去に2年連続優勝を達成した選手がいない男子ツアーの東海クラシック。青木功、尾崎将司、中嶋常幸ら偉大な先達でさえ成し得なかった大会史上初の連覇に「燃えるものがある!」と意気込み十分で臨む19歳が、トップとわずか2打差という好位置につけ決勝ラウンドを迎える。

 その他上位陣は、通算5アンダー単独3位に兼本貴司が続き、石川と同じ通算4アンダー4位タイに谷口徹、甲斐慎太郎、高山忠洋、松村道央。以下、薗田峻輔、藤田寛之ら4人が通算3アンダー9位タイ、池田勇太は通算1オーバー27位タイ、片山晋呉は通算2オーバー33位タイにつけた。なお、先日ゴルフ世界殿堂入りが内定した尾崎将司は通算12オーバーで予選落ちを喫している。







三浦育子のバストアップ法 2chで評判?

月別リンク

【GOLF】遼「大会初連覇燃える!」 4位タイで決勝ラウンドへ ビグアウトの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる